製品情報 ~!のある商品~

skinixの製品をご紹介いたします。

  • エアウォール
  • エアウォールふ・わ・り
  • エアウォールふ・わ・りパッド
  • エアウォールUV
  • エアウォールIV
  • クリアホールド
  • アトレスケア
  • ココロール

ゼロ感覚フィルムドレッシング エアウォール

時代は「低刺激」から、「ゼロ感覚」へ。

傷や肌を守るはずのフィルムドレッシングが、肌にストレスを与えている。
この事実を、私たちは徹底的に見つめ直しました。
そうして誕生したのが、この「エアウォール」。
従来の1/4以下の薄さで、4倍ムレにくく、15倍のびる、驚異の“ゼロ感覚”を実現。
もう、はがす時にやさしいだけの時代は終わりました。
患者さんが待ち望んでいた、貼っていることを忘れるテープ、「エアウォール」です。

エアウォール

カタログPDFをダウンロード

ムレに、サヨナラ

水蒸気透過性が従来の約4倍!※ 汗の蒸発を妨げないのでお肌サラサラ

エアウォールは水蒸気透過性が非常に高く、皮膚に貼っても汗の蒸発を邪魔しないので、長時間貼ってもムレによるかゆみや不快感がほとんどありません。また、皮膚の蒸れによる細菌の増殖や角質のはがれをおさえます。
※当社比

  • 従来のフィルムとの比較
  • 従来のフィルムとの比較テープを透過する水蒸気の量に約4倍の違いが。(24時間1m2当たり)
  • 従来のフィルムとの比較※医療現場で働く看護師さんへのアンケート調査による。(.n=258)

つっぱりに、サヨナラ。

従来の約15倍※の伸びやすさで、肌に柔らかくなじんで違和感から解放

エアウォールは独自開発の、業界初極薄7ミクロンのフィルムを使用したテープなので、伸縮性に優れ、皮膚の動きに沿って伸び縮みするため、貼っている時に肌をひっぱらず、皮膚ストレスを低減します。
※当社比

  • 従来のフィルムとの比較同じ重量のおもりを吊るした時の、のび率の違いが歴然。
  • 従来のフィルムとの比較表面の細かな凸凹にもやわらかくフィットし、しっかりなじみます。
  • 従来のフィルムとの比較*医療現場で働く看護師さんへのアンケート調査による。(.n=258)

はがれに、サヨナラ。

従来の1/4※以下の薄さで、テープのひっかかりやヨレ・浮きによるはがれを軽減

7ミクロンという従来にない薄さで皮膚との段差がほとんどなくなるため、擦れた時にもはがれにくく、衣類に貼り付く不快感なく、長時間使用できます。
また、肌にフィットし、長時間貼ってもテープにシワや隙間が出来ないため、防水機能が落ちません。
※当社比

  • ■貼りつけ後一週間
  • テープを剥がしたら
  • ※医療現場で働く看護師さんへのアンケート調査による。(.n=258)

独自技術で1/4※以下の薄さを実現。

テープを貼っている違和感は、テープのかたさとムレが主な要因と言われています。そこで当社は、強度を維持しながらも極限までフィルムを薄くやわらかくする製法を開発しました。
※当社比

■従来製品と比べてみれば違いは歴然!

看護師さんが認めた違い。

エアウォールは貼っている間の患者さんのストレスを考えたテープです。だから、エアウォールの違いは自分の体に貼ってこそ分かります。
そこで、医療現場で働く看護師さん258名に、従来のフィルムドレッシングとエアウォールの違いを体感してもらいました。

アンケートグラフ

貼り方の手順※50mm幅は貼り方が異なります。使用上の注意をよく読んでご使用ください。

  1. 1.まん中の剥離紙だけをはがします
  2. 2.両端を持って貼ります
  3. 3.両端の剥離紙をはがし、端まで貼ります
  4. 4.表のフィルムを左右にはがし、上からなじませます
  5. はがす時

エアウォール規格

規格表

商品ラインアップ

【 使用上の注意 】
● エアウォールは未滅菌ですので、直接カテーテル刺入部や創部に貼付しないでください。 ● 貼付部分の水分や汚れはよく拭きとり、清潔にしてください。水気があるとつきにくい場合があります。 ● 小児に使用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用してください。 ● 本品の使用により、発疹、発赤、かゆみ等があらわれた場合には、使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。 ● 救急絆創膏にかぶれやすい方は、注意して使用してください。
【 貯蔵及び保管方法 】
直射日光があたらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。 ● 小児の手の届かない所に保管してください。
【 ゼロ感覚フィルムドレッシング 注釈
ゼロ感覚とはまるでテープを貼っていないかのような感覚を意味しています。ただし感覚には個人差があります。